スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れてた

なんというか・・・1年近く放置気味でしたが、
先日言われて思い出したので久しぶりに投下。

最近首の骨が妙な方向に曲がっているということで、
右腕~右肩にたびたび激痛が走り、割りと色んな所に支障が出ています。
病院のお医者さんは「これは治療は難しいですねえ・・・薬でだましだましやっていくしか・・・」
と、5時間以上待たされた挙句の診断でした。
結局治療らしい治療は皆無で、痛み止めの薬を長い時間かけて貰っただけという…。

というわけで、病院では治療出来ないらしいので、友人お勧めの整骨院にせっせと通うことにしました。
この間初診を済ませてきたのですが、そこの先生がまた腕が良くて
自信満々に「僕なら施術で絶対治せますよ!」と言ってらっしゃったとおり、
一度行っただけでも随分と楽になりました。なんとも不思議です。
腕の良い整体師さんはホントにすごいですね…しばらくはお世話になろうかと思います。
さすがに右腕が動かないとかなり仕事に支障が出るので、早く治したいところです(´・ω・`)


さて、今日はムービー制作においての順番の話でも。
ご同業…というか静止画ベースとか動画ベースとか映像制作を個人でされる方は
周りに非常に増えてきた印象なのですが、
皆さんの作り方はどういった順番で行われるのかちょっと興味があります。

僕自身は完全独学我流なので、ステレオタイプではないかもしれませんが

1:まず楽曲を聞きまくる(イメージ練り上げ)
2:素材を眺め、楽曲中で一番盛り上げるポイントを何となく決める
3:2で決めたポイントがピークになるように何となく流れを決める
4:楽曲のリズムなどを取りながら構成(カット割り・刻み方だけ)を決める(素材配置はまだ考えない)
(動画コンテを作る場合はこの時点で適当に素材を配置します)
5:楽曲の頭から作っていく
6:全体を眺めながら通した印象と体裁を整えつつ最後まで作る
7:おわり

というのが基本の流れです。
ただこの方法は、「素材が既に用意されていて、新たに描き下ろしたはしない」場合ですけど…。

Mju:z内でも、アフロくんなんかはすでに僕とは全然違うアプローチ方法で制作しているのですが、
個人個人で全く違った制作スタイルがあるというのも面白いです。
素材へのアプローチ方法なんかも個人差があって「こういうアプローチの仕方もあるんだなあ」と
参考になることもしばしば。
やはり2次元の素材でも、紙芝居でもまだまだ可能性がたくさんあるな、とおもいます。
だからこそ制作は楽しいのですねえ…。

ゲームのPVの場合は、僕は見栄えだけではなくてゲームの中身やイメージを伝えなくては意味が無いと思いますが
見栄えが良ければ内容の紹介は二の次!というような印象を受けるものもありますし、
いろいろ枝分かれしているなあと思ったのでした。
それぞれ求める方向性のニーズが違うことも、また面白いよね!

コメントの投稿

非公開コメント

かうんたー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

神月 社

Author:神月 社
神月 社(かんづき やしろ)
映像創作集団[Mju:z]で
チーフデザイナーしてます。
主戦場はHなゲーム業界、
たまにコンシューマゲームや
パチスロの映像も作ったりします。
OPとかEDムービーを主に作っています。
代表作::
PC「恋と選挙とチョコレート」
パチスロ「快盗天使ツインエンジェル」シリーズ
などなど
1年に50タイトルくらいやってます。

リンク兼メモ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。